あにめーしょんのほんのこと

すばらしい……蟲の世界

 黒に続き、カッコイイ…heart04

 誰かと申せば、蟲師のギンコ。

 アニメーション先行です。あまりにもすばらしい世界観に魅せられて、原作を購入。

蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)

蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)

著者:漆原 友紀

蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)

 まったく、なんてぇ、美しい映像だろうか。幻想的な深い森や山の中、でもしっかりと生活している人のいる里山。

 これほどまでに原作が忠実に再現されたアニメーションって、今までにみたことがあるでしょうか。無い、無いですの。
 どのくらい忠実って、台詞を漫画のネームそのままってのは最近はよくあるけれど、なんだかもう、一言一句違えずとさえ感じるほどです。
 台詞だけでなく、画面の構図も、漫画の中の一コマ一コマの再現。

 以前、アニメーション先行で原作を読むと、声優さんの声が原作に引っ付いてくるのが気になるというようなことを書いたのですが、ここまで媒体による差異が認められないと、原作を読みながら中野裕斗さんの声が気にならないですの。
 恐るべし長濱博史氏の執念。

 いやぁ、ギンコ、かっこいいですのぉheart04
 過信ではなく自分の力を信じられる人って、そうそう居ないような気がしていますの。大きくて温かい心で、最善を尽くす。干渉せず、突き放さず。と、このようなところが、私にとってのギンコのカッコよさ。
 書きながらも、蟲との距離と同じくらい人との距離もあるような気がしてなりませんの。その距離が、お話の中に感じるすこしばかりの悲しみなのでしょうか。

 蟲と関わりを持つ人、その人々、自身の中に必ず悲しみを背負っていますのね。それは、蟲と関わりを持たない人の差別的な目が物語っていますの。
 設定は架空と思われるのですが、古い日本の風土、昔の日本人の社会観のようなものがあり、私的にはとても心地よいですの。あっしは古い人間ですから…think

 ファンタジックな物語だけれど、ん、人間が人間の世界に閉じこもって生き始めるようになる前は、こんなことが身近に起こっていたかもしれないと信じられるようですの。
 異形を知るものは、何処かしらそれに魅せられている。異形を知らないものは不安におそれを抱く。おそれを抱いたもの達はそのもの同士で寄り添って生きているうちに、すっかり忘れてしまったことがあるように思いますの。
 How to 本ではないのに、お役立ち度を高くしたのは……見えない何かだけれど在るもの、そんなものを感じ、畏れ敬う生き方を思い出すために、ちょっとだけ役に立ちますの。

 なんだか、とりとめなくまとまりの無いことばかりになってしまいましたの…。

 そんなこんなで、実写もあるらしい。微妙ですのぉ………。どなたか、実写オダギリジョー蟲師ギンコの感想をお聞かせください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おきあがりました~

 昨日、やっと、アニメーション『屍鬼』の最終回まで見終わりましたの。

 後半、思った以上に殺伐として、15歳の家人弐と見ていたのですが、見せていいのかなぁ…と疑問まで感じてしまいましたの。
 いやぁ…最後は、尾崎先生も尋常じゃなくなっていたような…。

 で、気になったのが、小野不由美さんの原作もそうなのかしら?原作に忠実なのかしら?ということ。
 実は、ホラー小説(映画も~)は苦手だし(想像力ありすぎなので…)、入りがアニメーションや映画が先行した作品になると、声優さんや役者さんの声音や視覚的情景が邪魔になって、読むのに集中できなくなってしまうのだけれど、これはもう読むしかないか。うん、読もう。

 火葬の現代でなければ、心底怖くて読めないだろうなぁ…shock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確かに、私はイマジネイトできませんでしたが・・・・

 『精霊の守人』
 数年前、東京アニメフェアで、映像の美しさに心を鷲摑みされましたぁぁぁ・・・。で、放映前にと、急ぎ原作を読みました。

精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)

買ったきっかけ:
東京アニメフェアでのアニメーションの予告

感想:
ブログのほうに書きましたよぉ。

おすすめポイント:
とにかく、引き込まれますよぉ。

精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)

著者:上橋 菜穂子

精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)

 おもしろいshine 皆、心の背筋を伸ばして生きている。現実と運命を受け入れ、しかし、今できる最善のことをして、生きている。久々に、読書スピードの遅い自分にもどかしさを感じるほど、先へ先へと読み進みたかったです。
 作品中、聴きなれない物語固有の名詞が多いのですが、初めて読むものにもそれをストレスに感じさせない何かがありました。

 チャグム皇子のなんと魅力的なことか。タンダの言葉、バルサの言葉に、支えられ励まされしながら、きちんとそれに応えるように心の中の執われを切り離していく姿。「成長」と一言で済ますことなどできません。
 殊に、ラルンガから無事逃れ、ニュンガ・ロ・イムの卵を守りきった後、「たすかったんじゃない―――たすけられたんだ」強く感じるチャグム。皇太子として迎えられる自分のことを受け入れ、きっぱりと背筋を伸ばしてバルサやタンダと決別するチャグム。
 只々、心あらわれる思いでした。

 さてさて、アニメーションのほうですが、これがまた、秀逸。期待を裏切りませんでした。アニメオリジナルの部分も、何の違和感も感じられず、むしろ、チャグムの成長やバルサとの関わり、それぞれのキャラクターの性格付けを際立たせるものとなっていたように感じました。バルサには嫌な顔をされたけれど、「家族」というキーワードが頭をかすめてしました。
 美術のほうも、目を留めずにはいられない。切なくなるくらいの蒼穹の空、田んぼの水と生き物達。先住民ヤクーの村からは足るを知る暮らしが、町の店先からは活気が、鍛冶屋の仕事場からは職人の魂が。そして、宮からは人ならぬ人々の儀式的暮らしが。粛々と営まれる異質なものどうしの日常が伝わってきました。
 そして、営まれる日常の象徴が、食べるシーン。後に『バルサの食卓』なる本が出版されるほど。

バルサの食卓 (新潮文庫)

買ったきっかけ:
書店でみつけました。

感想:
やっほ〜!!作りたい、作りたい。食べてみたい、食べてみたい!!

おすすめポイント:
『精霊の守人』シリーズを読んでからのほうが、もっとたのしめましょう♪
料理ができる方で、バルサファン、タンダファンなら一度は作ってみようと思うに違いない。

バルサの食卓 (新潮文庫)

著者:上橋 菜穂子,チーム北海道

バルサの食卓 (新潮文庫)

 ふぅ~dash、・・・・すみません・・・このようなこと、世の中の人がもう既に語っていることばかり。でも、とにかく、私の思いを伝えたかったのです。
 お付き合いくださった皆様、ありがとうございました。

 でも、最後にちょっとだけ。
 確かに、私はイマジネイトできませんでしたが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それでよかったのか・・・・?

 

 ・・・・ラルンガ・・・・think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おきあがりますよ~

 『屍鬼』、夏に続いて視聴しております。これまた、書籍の方は読んでないので先が全く分からず、毎回楽しみに視聴しているのです。
 ・・・・が、・・・・最重要人物?と思っていたなつの君も死んでしまいましたの。端役の村人の合い間で、とおるちゃんとか、えっ、いいのぉ?と思うような人までが、おきあがりの牙にかけられて行くのですが・・・。ここいらで、思い切って原作を読むべきか否か。少々、せっかちモードになってしまいました。

 実はこれ、原作が小野不由美さんというのに魅かれて、見始めましたの。小野さんの小説との出会いは『十二国記』シリーズ。といっても、NHKのアニメーション放映の方が先の出会いで、更に言うなら、本編ではなく、2時間位の特集番組で。
 この特集番組を見た時点で、原作を購入しに行きましたの。素晴らしいshineこの緻密な世界観。麒麟と王の心の通い合いが、繊細なまでに表現されていますの。
 その他主要な登場人物達、互いに絡み合って向上していく(現状と自分を受け入れていく力をつけていくといいますか・・・)様も好いのです。この部分、無条件お助けキャラがいて、なんとなく幸運に恵まれて話が良い方向に進んでいくという、安っぽさが微塵も無いですね。登場人物それぞれが、何かしら欠けている部分をもって苦しんでおり、それを補ってくれるもの(人)が世の中にはある。それが故に、強い繋がりとなっていく。アニメーションの方は、余計なものを付加しすぎた感があるなぁ・・・。
 山田章博氏のイラストも素晴らしいですよねぇ。美しいですshineshine何度読み返したことか。

 下にレヴューしたのが、シリーズの最初なのかしら?シリーズ主要部分だけでなく、小さな隙間のお話も、なかなか心に響きます。
 アニメ化されなかった話ですが、個人的には『図南の翼』が好きかなぁ。表には出てこない人々(王や仙、普通に町や村で暮らしている人々でない人々)や、妖魔にまできっちりと役割があるのですよね。妖魔、なんとなく出てくる怪物とは訳が違う。

月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート

買ったきっかけ:
アニメーションの番組宣伝。

感想:
世界観が緻密。登場人物ひとりひとりのキャラクターが丁寧に描写されていて、それぞれのキャラクターに好感が持てた。

おすすめポイント:
じんわり〜と心にしみて、やる気がでてくる。

月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート

著者:小野 不由美

月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート

 おっと、いかんいかん。『屍鬼』の話でした、おきあがりますよ~。
 きっと、放映の期間から言って、半ば過ぎといったところか。うむぅ・・・。このままアニメーションで楽しんだ後に、原作を読んでみることにしましょっかな。

 小野不由美さんの作品、『十二国記』以外は「本格ホラー」って書かれてあるのですよねぇ。なので、他の作品は、読みたいけれど読んでないのです。・・・怖いかなぁ、恐いかなぁ・・・crying
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)