« 政府め… | トップページ

すばらしい……蟲の世界

 黒に続き、カッコイイ…heart04

 誰かと申せば、蟲師のギンコ。

 アニメーション先行です。あまりにもすばらしい世界観に魅せられて、原作を購入。

蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)

蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)

著者:漆原 友紀

蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)

 まったく、なんてぇ、美しい映像だろうか。幻想的な深い森や山の中、でもしっかりと生活している人のいる里山。

 これほどまでに原作が忠実に再現されたアニメーションって、今までにみたことがあるでしょうか。無い、無いですの。
 どのくらい忠実って、台詞を漫画のネームそのままってのは最近はよくあるけれど、なんだかもう、一言一句違えずとさえ感じるほどです。
 台詞だけでなく、画面の構図も、漫画の中の一コマ一コマの再現。

 以前、アニメーション先行で原作を読むと、声優さんの声が原作に引っ付いてくるのが気になるというようなことを書いたのですが、ここまで媒体による差異が認められないと、原作を読みながら中野裕斗さんの声が気にならないですの。
 恐るべし長濱博史氏の執念。

 いやぁ、ギンコ、かっこいいですのぉheart04
 過信ではなく自分の力を信じられる人って、そうそう居ないような気がしていますの。大きくて温かい心で、最善を尽くす。干渉せず、突き放さず。と、このようなところが、私にとってのギンコのカッコよさ。
 書きながらも、蟲との距離と同じくらい人との距離もあるような気がしてなりませんの。その距離が、お話の中に感じるすこしばかりの悲しみなのでしょうか。

 蟲と関わりを持つ人、その人々、自身の中に必ず悲しみを背負っていますのね。それは、蟲と関わりを持たない人の差別的な目が物語っていますの。
 設定は架空と思われるのですが、古い日本の風土、昔の日本人の社会観のようなものがあり、私的にはとても心地よいですの。あっしは古い人間ですから…think

 ファンタジックな物語だけれど、ん、人間が人間の世界に閉じこもって生き始めるようになる前は、こんなことが身近に起こっていたかもしれないと信じられるようですの。
 異形を知るものは、何処かしらそれに魅せられている。異形を知らないものは不安におそれを抱く。おそれを抱いたもの達はそのもの同士で寄り添って生きているうちに、すっかり忘れてしまったことがあるように思いますの。
 How to 本ではないのに、お役立ち度を高くしたのは……見えない何かだけれど在るもの、そんなものを感じ、畏れ敬う生き方を思い出すために、ちょっとだけ役に立ちますの。

 なんだか、とりとめなくまとまりの無いことばかりになってしまいましたの…。

 そんなこんなで、実写もあるらしい。微妙ですのぉ………。どなたか、実写オダギリジョー蟲師ギンコの感想をお聞かせください。 

|

« 政府め… | トップページ

あにめーしょんのこと」カテゴリの記事

あにめーしょんのほんのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1418928/40031387

この記事へのトラックバック一覧です: すばらしい……蟲の世界:

« 政府め… | トップページ