« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年4月

政府め…

 むう…angry
 いつからなのか?

 地上波でも、番組録画したものにコピーワンス印が付くようになっていたのは気付いていたのですが…。で、なぜ急に…と気になってはいたのですが…。異変は、それだけでは無かったですのweep

 気がつけば、DVDプレーヤーが電子番組表を受け取らなくなっていましたの。
 さんざん、取扱説明書を読んでみたけれど、解決せず。とりあえずは、ダイレクトに時間とチャンネルを設定して録画の予約をしてみましたの。
 ケーブルテレビに加入しているので、ケーブルの局に確認。

 むぅぅぅぅぅぅbombdash
 古い録画機(デジタル放送対応していない録画機)には、もう、電子番組表を送信してはいけないと、お上からお達しがあったそうなthunderthunderannoy

 レコードがじりじりとCDに乗っ取られ、ビデオテープがじりじりとDVDに乗っ取られ、そのDVDもじりじりとブルーレイに乗っ取られ、アナログテレビがデジタルテレビにじりじりと乗っ取られ……資本主義社会、庶民の懐具合なんて、お構い無しなのねっannoydash

 ケーブルテレビ局の勧誘文句に「ケーブルテレビに加入すれば、アナログのテレビでも買い換えなくてすみますよ。」と言うのがありましたけれども。
 ………うん、確かにテレビは買い換えなくてもいいのでしょうけれど。録画機に支障をきたすとは言ってくれませんでしたのよthink

 今期からは、深夜のアニメーション番組の録り損じが多発しそうですの…crying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに会えた…カッコイイ…

 見ごたえありましたの。『DARKER THAN BLACK 黒の契約者』
 とは言え、『流星の双子』の方を先に見ていたので、『黒の契約者』のラストもありですが、『黒の契約者』を先に見てのあのラストだったら、え?え?続きあるの?これで終わりじゃないよね?と、言いたくなるのは必至でしたの。唯一、視聴の順番が制作逆順でよかったかもと思えたところ。

 久しぶりに、この歳になってもカッコイイと思える男子・女子キャラ達に出会えたですのよ。
 実のところいい歳になってしまうと、まあだいたいのキャラクター達が、家人弐と同じ年頃であることが多いですの。うらこびとと家人弐は一世代ちがうので、要は自分の子どもと同じ年頃のキャラクターさん達な訳ですのよ。なので、カッコイイという評価がとても難しくなってきてしまうですの。
 ……冷静なうらこびとが、「いい歳して」と言っているようだけれど、ここは、目をふせ耳をふさぎで……

 で、まあ、ここは主役ということもあって、黒をとりあげるわけれすが…いやいや、黒の設定年齢は明らかに○十歳年下だろうけれど、「カッコイイ」という評価ができるほどのカッコイイなのですよ。
 李君の時と黒の時とのギャップ、日常トッポイ(ごめん、死語か?)と非日常アクション対比が実にいい。合理的に完璧な日常を演じる李君が、非日常の任務(契約者にとってはこちらの方が日常なのかもしれないけど)を完璧に合理的には果たさない思いを抱えている黒を際立たせていましたの。

 で、それは、どのキャラクターさん方も似ていて、「合理的に考えるのが契約者」という言葉とは裏腹に、皆がみな過去を引きずっていて、完璧に合理的に考えている契約者は数少ないように思えますのよ。それぞれのキャラクターの過去・生い立ちやらが丹念に描かれているので、結構、人情物語の気配がちらつきながらも、「合理的に考えるのが契約者」という設定とか都会的な廃頽的なゲートの風景とかが、泥臭さを消してセンスのよさとなっているように感じますの。
 むしろ、契約者でないパンドラの人間のほうが情の無い者に描かれていて、面白いですのよ。

 猫もカッコイイですの。飄々と達観したことを言いながらも、ついつい、首をつっこんじゃうと言うか災難に巻き込まれちゃうというか…フェルナンデスなんです…ぷぷッhappy02

 オマケの遊びの話も、かなりイケてましたの。
 特に、このオマケの遊びの話をも一度見たいと思って、レンタルビデオ屋さんへ行ったら、どこぞの誰かが大人借りをしていて全巻無かったですの。うんにゃ~、一週間待つのかぁ…catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »