« 家族麻雀のすゝめ | トップページ | 肉じゃがかカレーか »

小説読んで、アニメーション見て、また小説読んで

 という訳で、『丕緒の鳥』を読んだ後、うっかりアニメーションの方も全話見てしまいました、『十二国記』であります。

 う~ん…やはり、オリジナルに無いキャラクターさんと話に、少々の残念感を抱きつつ、でも見入ってしまいましたの。もう、何度目かしら。学校から帰ってきた家人弐に、「また、見てんの?」と言われてしまいましたcoldsweats01 いや、いいんですよ。人が成長していく姿を見るのは、気持ちがいいのですよ。

 それが終わって、勉強中の家人弐には申し訳ないと思いながら、『落照の獄』を読み終えました。
 2009年かぁ…。小野さん、裁判員制度に思うところあったのかなぁ。
 読んでいて、うらこびとを捉えて離さなかった思いは、司法のことに疎ければ疎いほど、情が優先してしまうというのではないだろうかということ。瑛庚に法の運用のあり方を説明されて、納得。しかし、子どもを殺された親の言い分を聞くと、それも納得。情にブレーキを掛けるものを、うらこびとは持っていないですの。

 その上、例えば自分が瑛庚の立場で同様の場面にいたらどう考えるのか、子どもを殺された親の立場でいたらどう考えるのか…と思いを巡らせてみたものの、やはり、自分の身に降りかかっていないことなので、人事のようにしか考えられないですの。
 同時に、狩獺や恵施の様な部分を、自分が持っているかと問われると、否定はできない恐ろしさを感じてしまいましたの。

 柳国が傾いているというのは『風の万里 黎明の空』でも少し触れてあり、どんなストーリーが小野不由美さんの中で出来上がっているのだろうと、キョウミシンシンだったのですが、正直、うなってしまいました。国の傾きは、司法という観点から描かれていました。(そう言えば、本編で他国が倣うほど法のしっかりした国と、伏線がはられていましたね。)
 そして、裁きの難しさが、人の心の教化の可能性までも含んでいるからであると、うらこびとに教えてくれた人が今までに居たでしょうか。非道なニュースを見て好き勝手に批評批判しているのでは、「責難は成事にあらず」なのでしょう。おっとと、これは、また別の国のお話でした。

 柳国の王様を直接登場させること無く、一行にも満たない言葉のみを使って王様の失道に向かうが暗示されている見事さ。
 そのほかにも、役職、役職名しかり、刑罰のありかたに微細な設定が施され、『十二国記』ワールドますます堅固なり。

 と、うらこびとが今更言わずともですよね…失礼いたしましたぁぁぁcoldsweats01

|

« 家族麻雀のすゝめ | トップページ | 肉じゃがかカレーか »

あにめーしょんのこと」カテゴリの記事

ほんのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1418928/38847139

この記事へのトラックバック一覧です: 小説読んで、アニメーション見て、また小説読んで:

« 家族麻雀のすゝめ | トップページ | 肉じゃがかカレーか »